無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

第四十八話🐯
シオンって言ったけ?

あの人絶対、あなたのこと気になってるよな
あなたに対する眼差しが完全にそうだった。
初対面のくせに。
テヒョン
テヒョン
、、、、
シオンを見たとき、僕はものすごくムカついた。胸がチクッてしたんだ。
テヒョン
テヒョン
よろしくね!
なんて、バレないようになんとか笑って言ったけど僕はあの時本当は睨んでやりたかった。

あなたは、僕のものだもん。

そんなことを思いながらあなたのことを見ていると、
あなた
あなた
テヒョンさんどうしたんですか?
なんて、不思議そうな目で見てくるあなた。

それだよ。その目が男を虜にするんだ。