無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

第五十一話🐰
やばい、、、、



前のMAWAの時よりも、限界だ、、、

何より、頭の痛さと吐き気は前より倍以上になってるし腕の震えが取り敢えず止まらない、、、



お願い、、、

誰か助けに来て、、、
あなた
あなた
入りますよ!
そんな時、現れたのはあなただった。
僕は何とか言葉を吐き出した。
ジョングク
ジョングク
あなた、、、、
助けて、、、


あなたは、驚いたような顔をしてメンバーを呼びに行くとか薬を持ってくる前に、僕の手をさすってくれた。
手の震えは治まった。

何でだろう。あなたに、包まれるだけですごく気分が落ち着く。
あなた
あなた
少しは治りました?
ジョングク
ジョングク
うん、、、
ありがとう。
あなた
あなた
今、どんな痛みがありますか?
ジョングク
ジョングク
えっと、頭痛と吐気
あなた
あなた
じゃあ、薬持ってきますね!
寂しいな、、、


僕の気持ちが分かったのか
あなた
あなた
大丈夫ですよ!
すぐに戻ってきますから!
と言って、凄い勢いでドアを閉めて階段を降りていった。