無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第90話

第八十七話🐭
眠たくなってきたな、、なんて、思っていると寝返りをしたのかあなたがこっちの方に転がってきた。
ユンギ
ユンギ
(////)
顔面近すぎるだろ、、、
てか、まつげ長いな、、、
鼻筋が真っ直ぐで整っている。


てか、俺変態みたいじゃん?!



こんな、あなたの顔を間近で見れたことは嬉しい。

てかあなたは隣で寝ることを別に気にしなかったから俺を恋愛対象として見ていないんだろう、、、
ユンギ
ユンギ
はぁ
そう思うと、悲しいな、、、
なんて、思いながら俺は眠りについた。