無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第94話

第九十一話🐰
その空気は、一日中続いた。
夜、
コンコン
あなた
あなた
入りますよ
ああ、こんな時まで僕と一緒に寝てくれるんだ
ジョングク
ジョングク
あなた、本当にごめんね、、、
あなた
あなた
本当に泣きたいのはこっちですよ!

正直がっかりしましたけど、次のあなた達には期待しています。
ジョングク
ジョングク
うん、ありがとう
てかなんで信じなかったんだろうな、、、

僕にずっと寄り添ってくれたあなたがあんなことするはずないのに、、、

よく考えてみれば、そんなの簡単にわかるのにそれだけ僕があなたを信じれてないってことなのかな、、、

はぁ、、僕は好きな女の子になんでこんな顔させちゃうんだろ、、、
ジョングク
ジョングク
あなた?
あなた
あなた
なんですか?
口角は上がっているけど、目は笑っていない。



こんな顔にさせたのは僕なんだよな、、