無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第114話

第百十一話🦉
シオン
シオン
一回、ユンギさんは廊下に出てもらっていいですか?
あなたに確認したいことがあるんです。
ユンギ
ユンギ
ああ
2人だけの空間になった。
シオン
シオン
ねぇ、あの、不眠症のことユンギさんにも言っていい?
あなた
あなた
(´⊙ω⊙`)
シオン
シオン
僕なんかじゃ、あなたの不安を抱えきれないと思う。

僕なんかよりメンバーの方が頼りになると思う。
でも、さすがにあの6人のことは信用できないんだ、、、

だから、ユンギさんにも言った方がいいと思う。 
ごめんね。僕なんかに相談させちゃって、、、
あなた
あなた
じゃあ、シオンさんを頼るのはこれから辞めます
シオン
シオン
えっ?

いや、そんな意味じゃなくて、、、

なんで、そんなこと言うの?

僕は、相談してほしいのに、、、