無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

もう1人。
1,329
2020/04/21 13:15
鬼舞辻無惨
っ!!!!


ドン!!!!!!!!



また音がしたと思えば、鬼舞辻無惨の体は真っ二つだった。




そして今度は、私の体がふらふらして来た。





上等な獲物が目の前にいるかのように感じられた。
不死川実弥
テメェにはこれくらいが似合いだぜェ。
知らない声が聞こえた。



そこには、顔に傷をたくさん負ったオニが鬼狩りがいた。



多分柱だ。




いきなり鬼舞辻無惨の体が燃え上がった。




炎の中に、青筋がたつ無惨がいた。

鬼舞辻無惨
小賢しい真似を!!!!!!!!


なんだろう。



頭が働かない。







私は毒を入れられていないのに、


頭と体が回らなくなってきた
不死川実弥
ぶち殺してやる。この塵屑野郎ごみくずやろう



使えなくなりそうな頭をフル回転して、ようやく気付いた。








そして、問いかけた。











あなた

・・・っキミ・・・もっ・・・もしかしてっ・・・

不死川実弥
あ?
あなた

まっ・・・稀血・・・・?