無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第27話

証 拠 を “ 作 る ”





あなた と へよんはトイレを探している .











でもへよんはトイレがある場所を把握していて 、

わざと 声が聞こえにくいトイレに向かう .



You
You

あのさ 、 トイレあったよ ?

ヘヨン
ヘヨン

え ー ! ? うそ !

まあいいや 、 引き返すの

めんどくさいし .

You
You

ふ ー ん ...















そうやって 探す ふり・・ をし 、



目的の場所に着いた .


.
You
You

見つかってよかったね !

じゃあ 私 先行ってるよ ー




あなたが先に楽屋へ戻ろうとすると
ヘヨン
ヘヨン

ねえ ...


と言って へよんにドアを閉められた .





ドアの前には へよんが立ちはだかっていて

あなたは出れない状態だ .


You
You

ど 、 どうしたの ...





あなたが聞くと 、 ワントーン高めの声で

へよんが喋り出す.そこからへよんが持ち出していた

小型カメラと盗聴器が回り出した .


ヘヨン
ヘヨン

あのさ 、 前々から思ってたんだけど

うざいんだけど . 姉のくせして

調子乗りすぎなんだよ !

You
You

え 、 でもわたs...



あなたが喋ろうとするとへよんはあなたの口を塞ぐ .

ヘヨン
ヘヨン

あんたは黙ってろ .


腹部 、 太腿辺り等 、 普段洋服で見えない

部分を集中的に 蹴られ 、 殴られる .





容赦なく あなたを傷つけたあと 、
ヘヨン
ヘヨン

この事を誰にも言うな .

言ったらこれ以上の事をするから .

You
You

わ 、 分かったけど !

何でそんなことをするの ... ?

ヘヨン
ヘヨン

あんたをあいつと同じように 地獄へ

つき落とすため . 分かったんなら

さっさと 出ていって .

You
You

っ ... !




突然豹変したへよんに恐怖を覚えながら

走り去るように あなたは出ていった .

蹴られ殴られた辺りの痛みを感じながら .






📹 「 ピピピッ 」
ヘヨン
ヘヨン

よし 、 これで ... !