無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

練 習 生 の 時










練習生の時 、 私 (へよん)は

1人のメンバーを追放した .







その子はさらと言う名前だった .



性格は 、 まあいいほうだろう .

じみんおっぱと同じくらい努力家で 、

ダンスのセンスもラップのセンスも

ピカイチだった .

年はじんおっぱと一緒で、皆からは

「ぬな」 と 呼ばれていた .




そんな “完璧” な さらと

比べられるようになった .






スタッフやマネージャーから

BTSのナムジャメンバーから .

デビューに向けての曲は

私よりもさらのセンターの方が多かった .








ナムジャメンバーは さらを 褒めてばかり .


あなたは ... 分からない .










そんな マネージャーやメンバー達を見て







自分の実力不足だとは思わなかった .












それよりも自分の評価を下げてきたさらの事を










邪魔者だと意識するようになった .













どうやって BIG HITから追い出したかだって ?








そんなの 序の口だよ .












さらが練習生になるまでの期間を

真っ黒に染め直したり 、









ヤバめなやつと交際していたとかいう

うその情報を流し込んだり .






あ 、社長からへよんに辞めるよう
言った訳では無いよ .











BIG HIT関係の人達に噂を流して

さらを酷い目に合わせてから

自主的に辞めさせたんだよ .









分かってる . 私が腹黒いやつだなんて .


















でも 、 そんな事をして後悔はしていない .







さらがいた練習生時代よりも

今の方がずっと居心地がいい .









自分がやったというのがバレる前に













あなたに 濡れ衣を 被ってもらうし .