無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Opening

私の名前は高栄こうえいあなた。


普通の高校生だ。


しかし、最近おかしなものが見えるようになった。


黒くモヤモヤしていてはっきり見えないが確かに何かがいるのがわかる。


それは段々とよく見えるようになって、今ではほぼはっきり見える。


目がある。声も聞こえる。「イっ…しょに、イコウ?」と言っている。


気持ち悪い。足に掴まって来たことがあったので思いっきりはらったら消えていった。


目隠しの男が私のことを見ている。何あいつ?


私が知らないふりをして通り過ぎようとすると…


目隠しの男
ねえ、君!
高栄 あなた
ナンパですか?急いでるんで
目隠しの男
ナンパ?面白いこと言うね
目隠しの男
君、見えてるの?
高栄 あなた
え?
目隠しの男
”呪い”だよ
高栄 あなた
の、呪い??
高栄 あなた
もしかして黒いモヤモヤしてるやつですか?
目隠しの男
まあ、そうだね
目隠しの男
完全には見えてないようだね
高栄 あなた
最初は違和感だけだったんですけど、段々はっきり見えるようになって…
高栄 あなた
目とか見えて…あれ、呪いなんですか?
目隠しの男
ああ、そんなことより
目隠しの男
いつから見え始めた?
高栄 あなた
えっと、1ヶ月前かな?
目隠しの男
!?
目隠しの男
(この子天才かも…誘うかな)
目隠しの男
ねえ、君才能があるかもね
高栄 あなた
何のですか?
目隠しの男
呪術師の!







------✂切り取り線