第42話

参上つかまつり!
騎馬戦が始まる前にミッドナイトに

ミッド「貴方は騎馬戦に出なくていいわ。でもその代わり一年生全員と戦ってもらうわ」
とのこと。

という事で騎馬戦なしにします。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

みんな大好き(?)あのシーンです。

写真いっぱい撮りまくるぞー!!


さあさあ昼休憩になりました!!

お昼〜♪ お昼〜♪とさっきまで上機嫌だった。

でもそんな中、悲劇が…
心操人使
心操人使
なああなた。なんでそんなに落ち込んでんの?
夢咲
夢咲
お弁当にお箸付けてもらうの忘れた…。
夢咲あなたお箸を忘れました。

腹が減ってはいいクソは出ないんだろ!?
心操人使
心操人使
戦な
人使がつっこむ

人使は仕方ねーなぁと言い、自分のぷぁん〜(※パン)くれた。
夢咲
夢咲
まじ感謝
八百万百
八百万百
あなたさん!!こんな所にいましたのね!

心操…さん、あなたさんを借りますわね!
女子ーズの皆があるモノチア服を持ってる。

完全にチア服の事ですよねー(棒)

わかってましたよー(棒)
夢咲
夢咲
僕は分かってるよ!? チア服着ろって言うんでしょ?
心操人使
心操人使
(あなたのチア服…見たい…!!)
麗日お茶子
麗日お茶子
あなたちゃん、覚悟してね?
お茶子ちゃん達がジリジリと追いつめてくる。
夢咲
夢咲
(よし、こうなったら…)ヤオモモ、ちょっと来て
あなたとヤオモモはどっか行ってしまった。





◌⑅◌┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈◌⑅◌
夢咲
夢咲
面倒かもしれないけど、僕の分ともう一着作ってくれるとありがたい。
八百万百
八百万百
あなたさんの分ともう一着ですか?
夢咲
夢咲
そう、できれば少し大きめのがいいかも。お願いできるかな?
八百万百
八百万百
そういう事でしたら、お任せください!!
夢咲
夢咲
(めっちゃプリプリしてる…!可愛いなあ( ´ ` *))ありがとう!ヤオモモ!!


ლ(´ڡ`ლ)グェッヘッヘッ



◌⑅◌┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈◌⑅◌


昼休憩終了

プ「《最終種目発表の前に、予選落ちの皆へ朗報だ!

あくまで体育祭!ちゃんと全員参加のレクリエーション種目も用意してんのさ!

本場アメリカからチアリーダーも呼んで一層盛り上げ……

ん?アリャ?》」
相澤先生
相澤先生
なーにやってんだ……?
プ「《どーしたA組!!?》」



カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ──
夢咲
夢咲
うん、皆最高!!あ…やっべ鼻血
女子ーズのお写真撮ってたらうっかり鼻血が出っちゃたze☆
夢咲
夢咲
誰か、ティッシュをくれ
麗日お茶子
麗日お茶子
はい、ティッシュ
夢咲
夢咲
ありがと〜お茶子ちゃん
八百万百
八百万百
峰田さん 上鳴さん!! 騙しましたわね!?
峰田たちはひょーと親指を立てている。

上鳴と峰田が午後は女子全員応援合戦しなきゃいけないんだ。
相澤先生からの言伝だからな、と女子を騙したのである。

うん、峰田達ありがとう。けど後でシバいとくね!ニコッ
八百万百
八百万百
何故こうも峰田さんの策略にハマってしまうの私…
耳郎「アホだろアイツら…」

葉隠「まァ本戦まで時間空くし張りつめてもシンドイしさ…

いいんじゃない!!?やったろ!!」

テンション高いね、葉隠ちゃん。

ん?
意○たかす○高杉君みてぇ←

蛙吹「透ちゃん好きね」
プ「《さァさァみんな楽しく競えよ、レクリエーション!

それが終われば最終種目

進出4チーム総勢16名からなる
トーナメント形式!!

一対一のガチバトルだ!!》」
僕の場合、一対皆の件について←