第41話

はいどーもー
プ「《先頭 夢咲・爆豪・轟!!最終関門を今抜けそうだが──…》」


今んとこ、ギリギリのトップだ


でもそれを奪還する人


プ「《A組 緑谷、爆発で猛追─────…っつーか!!!》」

皆が驚く



プ「《抜いたあああああー!!!》」
爆豪勝己
爆豪勝己
デクぁ!!!!!

俺の前を
行くんじゃねえ!!!
轟焦凍
轟焦凍
後ろ気にしてる場合じゃねえ…!
3人一斉にいずくんを追いかける

プ「《元・先頭の3人、足の引っ張り合いを止め緑谷を追う!!
共通の敵が現れれば人は争いを止める!!争いはなくならないがな!》」
相澤先生
相澤先生
何言ってんだお前

いずくんが思いっきりロボットの破片をこう…グワッっと思いっきり板を叩きつける。
カチカチってなってボオオンってなった。

語彙力がないから説明難しいね!←


プ「《緑谷 間髪入れず後続妨害!!なんと地雷原即クリア!!
イレイザーヘッド、おまえのクラスすげえな!!どういう教育してんだ!》」
相澤先生
相澤先生
俺は何もしてねえよ。奴らが勝手に火ィ付け合ってるんだろう
プ「《さァさァ、序盤の展開から誰が予想出来た!?》」
相澤先生
相澤先生
無視か
プ「《今一番にスタジアムへ還ってきたその男────…

緑谷出久の存在を!!》」

会場がワアアアァという声でいっぱいになる。

そしていずくんの次に僕がゴールした。
夢咲
夢咲
はぁ…はぁ……。いずくん!一位おめでと!! ヽ(`・ω・´)ノ 
緑谷出久
緑谷出久
はぁ…、あなたちゃん!ありがとう!!
爆豪勝己
爆豪勝己
ハア…ハアッ

また…くそっ…!!くそがっ…!!!
轟焦凍
轟焦凍
………
プ「《さあ続々とゴールインだ!
順位等は後でまとめるから、とりあえずお疲れ!!》」
麗日お茶子
麗日お茶子
デクくん…!あなたちゃん!すごいねえ!
飯田天哉
飯田天哉
この“個性”で遅れをとるとは…やはりまだまだだ僕…俺は…!
飯田が震えてる。

お茶子ちゃんと飯田がいずくんと僕のとこに来る。
緑谷出久
緑谷出久
麗日さん、飯田くん。
夢咲
夢咲
2人とも、おつかれさん
麗日お茶子
麗日お茶子
一位、二位すごいね!悔しいよちくしょー!
緑谷出久
緑谷出久
いやあ…
いずくんの顔が赤い…照れてるねぇ(。≖ᴗ≖)
夢咲
夢咲
お茶子ちゃんありがとう☆
なんとなく星つけた
八百万百
八百万百
くっ…こんなハズじゃあ……………!
峰田「一石二鳥よ、オイラ天才!」

ヤオモモにしがみつく峰田がいた。
八百万百
八百万百
サイッテーですわ!!
ひょおおおじゃねーよ…
夢咲
夢咲
オイ、峰田…覚悟は出来てるよね?ニコッ
ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノと悲鳴をあげる峰田。

僕は手をボキボキと鳴らす。
夢咲
夢咲
そこ変われや!峰田ぁぁぁ!!
何ちゃっかりしてんだよコノヤロー
と叫んで峰田を殴る
いやそこかよ!!
だって…羨ましいじゃん。((殴←

ミッド「ようやく終了ね。それじゃあ結果をご覧なさい!」

結果は

1位はいずくんで2位は僕

3位は轟くん 4位はかっちゃん と

いずくん以外は原作の一つ下の順位になった。