第45話

ごめん……
だいぶ片付けて、残り数人程になった。

よし、残り数人! 頑張るぞい!!





轟視点 ⚠口調迷子

あいつ人間なのか?←めっちゃ失礼!!


あんなに動いてるのに息切れ一つしてねぇ。
俺は肩で息をしながらそう思った。


しかも疲れてるように見えない。

体力を消耗しないのか?



むしろ楽しんでるように見えた。





次々に個性を出してくる。だが、仕掛け技が多い。


例えば、無数に氷の塊を吹雪のように放つが、ギリギリの所で個性を消す。

で、防御か個性で打ち消そうとする時に気絶される。





結果、夢咲が全員気絶させた。


もちろん俺も気絶させられた。


だが、俺は気絶させられる前に見た。





夢咲の前髪で隠れている目を。




その目は、妖しく輝いて赤く光っていた。


俺は静かに目を閉じ眠った。





............................




ミッド「ぜ…全員気絶…!!よって───…

夢咲さんの勝利!!!!」