無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ひき逃げ

『初級』


僕はひき逃げに合って入院してたんだけど、やっと退院できた。



仲の良かった友達が家に遊びに来た。



「病院にお見舞いに行けなくてごめんな」

『気にしないで良いよ』

「犯人の顔見たのか?」

『いや〜いきなりで見てないんだ』

「そうか」

『お前も気をつけろよ』

「あぁ、じゃあそろそろ帰るわ。今度はちゃんとお見舞い行くからな。」

『ありがとう』


僕は友達が犯人だと確信し、警察に通報した。