無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

日常の壊れる瞬間
約束の日になった。
この日を待ちわびていたんだ。
私服も頑張って選んだ。
及川
やっほ~!
麗奈
おはよ
及川
服、かわいいじゃん✨
麗奈
んなっ...!?何よ、急に!
及川
何って、言葉のままだよ~
岩泉
警察、呼ぶか?
奈那
スマホはちゃんとあるよ?
及川
わー!!!ごめんごめんって!
岩泉
みんな揃ったし、行くか。
奈那
ん。
麗奈
はーい!
及川
今度は塩対応やめて!!
わー及川かわいそー(棒)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

私達はとにかく遊びまくった。
ボウリングやサッカーやメダルゲームなどなど。久しぶりに沢山遊んだ。
及川
いや~!楽しかったね~!
岩泉
おう。
奈那
うん。
麗奈
超楽しかった!
今は帰路だ。今日、楽しかったな...
横断歩道で立ち止まる。ちょうど赤信号だからだ。

そんなの当たり前だろう。
お前、馬鹿じゃねぇのwww
男2
だってそりゃ俺だってよォ?www
後ろの男2人組がうるさい。
下品な笑い方で騒音を奏でている。
ꉂꉂ(´▽`)
笑っていた男が

もう一方に突き飛ばされ

ドンッッ

私にぶつかった
押された私は...




道路に飛び出して。



パァァァァァン



トラックのクラクションが鳴って。
"__危ないっ"



ドンッ


おい...か、わ?


ズサァッ

私は地面に突き飛ばされて。











ドォォォォォォン




私の意識は途絶えた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

流風
流風
初心者ですけど 頑張ります! ハイキュー大好き女です 💓 歌い手さんも好きです! あと、🐢ペースの投稿なので把握お願いします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る