無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1年生
真壁雄大
でさ、付き合ったって事でやってもいい?
鈴木結花
や、やる?何を?
真壁雄大
先輩馬鹿?
真壁雄大
やるってセックスの事
鈴木結花
セックス?
真壁雄大
保険の授業とかでやんなかった?
鈴木結花
保険の授業?
真壁雄大
はぁ…こうやってやる奴
雄大は先ほどのように指をアソコに入れてかき混ぜた
鈴木結花
やらぁ…汚いッ…んッ…///
真壁雄大
何かベトベトの奴出てきたんだけど
鈴木結花
んッ…ハァハァ…
真壁雄大
何これ?
鈴木結花
分かッ…らな…///い…
指が奥に入ってくる
鈴木結花
あぁんッ…///何かッ…でひゃう//
真壁雄大
もういくの?
鈴木結花
い、いくッ…?
すると雄大は指を抜きズボンを脱ぎパンツを脱ぎ捨てた
鈴木結花
な、何?
真壁雄大
雄大は無視をし、アソコに雄大のモノを入れた
鈴木結花
ひゃあッ…んッ…痛い…
アソコからは真っ赤な液体が出てくる
真壁雄大
楽になるから…
そう言って彼は腰を動かし始めた
鈴木結花
アンッ…ダメッ…やッ…///
鈴木結花
でちゃッ…う…
真壁雄大
ほら、いけ
鈴木結花
あぁんッ…///
下からは大量の液体が出た

初めてでよく分からなく涙も出て来た
真壁雄大
イッたか…
鈴木結花
グスッ…うぅ…
真壁雄大
泣いてんの?
雄大を見ると顔が真っ赤さっきの口調などから考えると凄くびっくりした
冷静や毒舌が一瞬にして消えた。泣いた私を見てどうやら焦っているようだ
真壁雄大
ごめん…
雄大はそっぽを向いて言った

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

*ゆりかご*
*ゆりかご*
どうも、ゆりかごです! ちなみにいっとくけどこれ*ゆゆ*のサブです。 *ゆゆ*の方で活動休止しますとか言ったじゃん…でもねプリ小説依存症になってしまった…だから休止とか耐えられなくなった。でも、7月までとか言ったのにもう戻ったらおかしいし、かっこ悪いから、サブで投稿するわ。 気づいてくれたら嬉しいなぁ~… 初めましての人もよろしくね!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る