無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

かんしょーかい
岸Side

どうも〜、岸優太ですッ


あなた「なんで、ここで見るの?!どうせだったら、岸くんの家行きたかったのに!!」



『しかたない、マネージャーさんが許してくれなかった』



あなた「なんで?!だって、まだ午後6時30分!!」




廉「よい子はお家に帰る時間!!」



あなた「よい子じゃないの!!!」←



勇太「岸くんの家にいたら帰らないでしょ??」



あなた「それはー、そうかもだけどー」



玄樹「だからなの、わかった??」



あなた「……はーい」



海斗「あ!始まった!!」



何が始まったかって??
それはn…←VS嵐だよ!!!!!byあなた



いいところを…←許してください♡♡byあなた


俺が出てるよー


あなた「最初は〜、ボウリングのやつね」

名前わかりませんでした笑byさくしゃ


紫耀「岸くん、ボウリングできるの??」



あなた「たしかに!!出来なさそう!!」



『いちおう、で、できるし?!』



あなた「けんてぃーの変顔うける笑今度、やってもーらお」


いや、無視?!


勇太「始まった!」



数分後……


あなた「岸くん、ボウリングやる時面白すぎ笑笑」



『できてるでしょ!!』


廉「個性強すぎ笑笑」



海斗「アヒャヒャヒャヒャ笑」




あなた「できてないから笑笑」



勇太「今度は、ボウリング行こう!!みんなで!!」


玄樹「さんせーい!!」



あなた「よしっ!!明日でもいいから行こう!!」



廉「明日は、学校やろペシッ))」



あなた「…地味に痛い」



紫耀「いつか行こう!!」



海斗「楽しみー♪」


楽しみなのかそうじゃないのか


とりあえず、ボウリング行く前に練習しとこ笑