無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

呼びだし
あなたSide


行くのをためらいながら来たドアの前



大阪に行くためだぁー!!



そう思いながら、ドアをノックした



コンコン



『西川あなたでーす』



ジャニーさん「youか入ってきてくれ」



『失礼しまーす、あの、お話とは??』



ジャニーさん「youに専属マネージャーをつけようと思ってね」



『えっ?!それ本当ですか?!』



ジャニーさん「本当だ、入ってきてくれ」



?「失礼しまーす」



ジャニーさん「今日から、youの専属マネージャーだ」



立花「立花かのです」



『かのちゃん…?』



立花「えっ?!あなた?!」



『ひさしぶり〜(泣)』



立花「えー、ひさしぶり〜(泣)」



ジャニーさん「君たち、知り合いなのか?」



『はい、お兄ちゃんの元カノだったけ?』



立花「そうそう!あなたのお兄ちゃんの元カノ!」



ジャニーさん「そうか笑まっ、知っている人でよかっただろう」



『ありがとうございました!!』



立花「これからよろしくね!あなたちゃん!!」



『うん!かのちゃんもよろしく!』








専属マネージャーが決まって、とっても嬉しいし、知っている人でよかった!!




まぁ、お兄ちゃんの元カノって少し気まずいかもだけど…笑




よしっ、高杉のところ行って、本当に大阪行けるようにしてるのか、見張ってこーよう













しょーかい

立花かの 23歳

あなたのお兄ちゃんの元カノ

あなたの専属マネージャー