無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

ゲーム
廉Side

あなた「海ちゃーん!!」



海斗「んー??」



あなた「好きー♡♡」



海斗「ありがとー、俺もあなたのこと好きー!!」



永瀬廉ですー


俺の目の前でこいつら2人イチャイチャしとるんすよ



『イチャイチャするんやったら、外でてくださーい』



あなた「嫌でーす!!!岸さーん、永瀬くんが外でろって言うんです!助けてください!!」



岸「かよわい姫をいじめるな!!」



あなた「きゃー!!岸くんかっこいいー♡♡」←



岸「ありがとー!!」



『はい??』



海斗「あなた〜、あそぼー!」



あなた「いいよー!!」



岸「俺は??無視??」



あなた「あっ!!助けてくれてありがとう♡」



岸「あっ、うん」



『語尾にハートが見えまーす』



あなた「そこはね、スルーするべきなの!わかった??」



『わかった、わかった笑』



勇太「玄樹〜♡」



玄樹「ジンー♡」



あなた「うわー、じくいわだぁー!!」



あなたね、じくいわが好きなんすよ



紫耀「濡れおかき〜」



紫耀は、いつもどおりすねっ笑









っていうか、はやく本題に入ろうよさくしゃさん

すいません、書きたいことがありすぎて笑









あなた「海ちゃん!!ゲームしよっ!!」



海斗「いいよ!なにする?」



あなた「んー?あっ!どれだけ都道府県の名前言えるかやらない??」



海斗「いいよ!!」





その遊びはなんだ?!と思いながら、暖かく見守ります笑




あなた「じゃー、海ちゃんから!!」



海斗「わかった!!」



あなた「よーいスタート!!」



始まり方ね笑





つづきまーす