無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

カウコン
西川Side



みなさん!!!新年あけましておめでとうございます!!




今年もよろしくおねがいします!





まぁまぁ、それはどうでもよくて←





今は、カウコン!!




私の隣には、なにわ男子のおおにっちゃんとみっちーと謙杜がいるんだよねー




『ふふっ、おおにっちゃんと年越せるとかまじ幸せ♡♡』




大西「ふふっ、幸せー♡♡」




道枝「うわぁ笑」




長尾「ハートが飛びかってる…」←




『そこの2人は、年越しする前に死にたいの?♡♡』←




道・長「「すいませんでしたっ!!」」




そんな話をしてたら、カウコンが始まってて
















『キンプリってさ、あんなにイケメンなんだね…』←小声




大・道・長「「「えっ笑」」」




『えっ??うそ、聞こえてた?』




道枝「うん笑笑」




長尾「あとで、みんなに言いますね笑笑」




『やめてー!!!』




大西「メール、メールっと」




『ちょっ、やめて!!』




大西「送ったよ!」




『うそでしょ!!』




大西「うそじゃない笑」




『最悪〜』




道枝「JUMPさん!!」




『えっ!?!?やばっ、かっこよすぎるって!』




長尾「テンションが変わりすぎ笑」




大西「山田くん好きやもんね笑」




『はぁ、好きすぎてつらい…』




はぁ、かっこよかったけどさ、最悪だよ、あんなこと聞かれるって…




絶対、あとでいじられるやつだ〜













『ねぇ、セクゾって、マリウスいたよね?!?!』




大西「うん…」




『えっ、落ちた?!』




大西「えっ…」




『まって、まって心配しすぎて年越せない』




ねぇ、大丈夫だよね?




年越せないよ??




でも、時間は過ぎていって、ボッーとしてたら




「HAPPYNEWYEAR!!!!」




年越してるし!




『ねぇ、じんぐーじの隣って、絶対マリウスだったよね…』




大西「うん」




『なんか、ぼっち感、笑えるんだけど』




大西「うん」




おおにっちゃんもめっちゃ心配してるし




マリウスー!!!!




『あっ!!!出てきてる!!!』




大西「ほんとだ、良かったー」




『うんうん、良かった、良かった、あとで大丈夫?って聞きに行かないと!』




大西「良かったー」




『はぁ、安心したから、今から、JUMPさん探しだ〜!!!おおにっちゃんも手伝って!!』




大西「えっ??笑」















まぁ、あとは楽しみましたよ!!




それにしても、タキツバ泣けた




私は、号泣してました笑




(『グスッ、まじ、泣くつもりじゃなかったのに、グスッ』)


(大西「はいはい、鼻水でてるよ」←)


(『言うな、アホ、バカ、グスッ』)


(道・長「あはははっ笑」)


(『そっちも、笑うな、バカ!!』)