無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

メンバーカラー
平野Side



平野の紫耀です!!



今ね、あなたのカラーについて話し合ってます




なぜ、この話になったかって??




それはね、ある1人の言葉がきっかけで…



















さかのぼること20分前…




西川「ねぇ?!?!」




『んー?』




西川「私のカラーってなに?!」




勇太「たしかに、ちゃんと決めたことなかったね笑」




海人「いつも、決めるときになにかに邪魔されてきたしね笑」




西川「ほんとそれっ!!まじ、今度こそはしっかりと決めたい!!」







そうなんです、あなたのカラーだけいつも決めるときに、何かが起こるんです




デビューしたときも、決めようと思ったけど



時間がなくて笑




また、別の日




話し合ってたら、別の仕事があなたに入っちゃって笑




まー、他の日も決めようとするけど、時間がなくて笑




『今日、決めちゃう?』




廉「そろそろ決めんと、ヤバいしな笑」




玄樹「何色がいいの?」




岸「ピンクはいるしねー」




西川「キンプリってさ、岸くん以外、すごい名前だよね〜」




『たしかに!俺は、深紅!!』




西川「廉は、漆黒でしょ、海ちゃんはひまわりイエロー、じんぐーじは、ターコイズブルー、玄樹は、濃いピンク…」




廉「漆黒がいるから、白は??」




『純白とか??』




西川「それいいかも!!なんか、何色にも染まらない、ただ自分の色に染めていく!!みたいな??笑」




海人「いいと思う!!」




岸「でも、白って、衣装とかに色入ったら分からなくない??」




西川「その時は、レインボーで!!笑」




勇太「レインボー!!」




玄樹「かわいいね!」




『純白じゃなくて、レインボーにしたら??』




西川「んー、可愛いけどね?」




廉「なんかあるん??」




西川「ひとりだけ目立たない??」




海人「紅一点ってだけで、輝いてるって!!」




西川「そうかな??」




『これからも輝く!!って意味でさ!!』




岸「アイドルとしても、女優としても」




西川「なんか、いいね、レインボー!!」




岸「よしっ!!レインボーで決まり??」




西川「決まりー!!!!!」









ってことで、レインボーに決まりました笑



















さくしゃ



みなさん!!いつも読んでくれてありがとうございます!!




いいねやお気に入り登録してくれてとてもとても嬉しいです!!




この度、さくしゃの楽しい楽しい毎日。




という雑談するのをつくりました笑




ただね、自担のこととか色々と語りたいところをつくりたくて笑




暇つぶしでもいいから見てくれたらうれしいな♡←




以上、さくしゃでした!!




これからもよろしくお願いします!!