無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

関ジュ
西川Side


大阪に来て、2時間がたちました




『ハックション))さぶっ』




完全に風邪ひいたわ←




ってか、けっこう待ってるのに誰も来ないんだけど




まさか、忘れられてる?!?!




そんなわけないよね、うん




だって、可愛い可愛いアイドルのこと忘れるやつがいないわけがない←
















今、思ったんだけど




まわりの目が…




こいつ誰だよ?的な?感じで見られてる気が…




まじ、はやく来いよ!!




来たやつしめてやる←
















?「だーれだ??」















後ろからのバックハグ♡←





懐かしい匂いにギュッてされました














『りゅう、せい??』










大西「せーかい!!」










抱きつかれたのは、私の大好きな同期ちゃんでした










『あ~!!もう!!おそい…』




大西「ごめんね?許して?」





ズッキューン♡♡←





完全にやられました、はい





『んーん、許す!!』




大西「ありがと!」




『ってか、西畑にさむかえ来てって言ったのに逃げられたんだけど?!』




大西「それは、知らない笑よしっ!!カラオケヘごうー!」




『えっ?ごうー?笑』





予定聞かされてないのに、カラオケに行かされることになりました笑













その頃のキンプリ


海人「ねぇー、あなたは?」




紫耀「わかんない」




廉「あいつ、また遅刻?」




岸「連絡してみる」




勇太「マネージャーさんに聞こうよ」




玄樹「マネージャーさーん!」




高杉「あなたなら、新しく来たマネージャーがよく知ってるよ」




岸「新しく来たって、あの〜」




海人「立花かのさん!!」




立花「呼びました?」




廉「あなたは?!」




立花「大阪ですね、今ごろ楽しんでるかと笑」




廉「はぁぁ〜?!?!」




紫耀「えー、俺も行きたかった〜」




勇太「よしっ、今からLINE送りまくるぞ!!」←





海人「今から、既読がつくまでやるぞー!!」←