無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

呼びだし
あなたSide




『まだかなぁー?』





どうもー、可愛い可愛いアイドル西川です♡←




はい、ふざけました笑




何してるかというと、今日は、久しぶりのオフだったんで、学校行ってきたんですよ


だけどね、マネにね、学校終わったら事務所来いって言われたんできました


それで、より道もせずに、食べ物にそそられながらも、頑張って来ましたね笑




『制服で来るの初めてかもー』




なーんて、ひとりごと言ってたら



高杉「ごめん、待たせたな」



『うん、1時間ぐらい待った』←



高杉「嘘つくな」



『嘘はついてない』



高杉「今、来てるって連絡きた」



『……バレちゃった♡』←



高杉「ハートつけんな笑」



『んで、なんで呼んだの??』



高杉「えーと、ジャニーさんから呼びだし」



『ふーん……はっ?!なんかした?!』



高杉「さぁ?なんの話かは聞かされてないし」



『クソッ…あのジジィが……』←



高杉「おい、やめろ笑」



『思ってないからそんなこと笑』



高杉「まぁ、いいや、はやく行ってこい笑」



『ついて来て!!』



高杉「やだ」



『えー、ひとりは心細い』



高杉「大丈夫だ!!お前なら行ける!!」



『えー』



高杉「はやくいけ!!」



『やだやだ!!』



高杉「大阪行かすから!」



『それまじ?!』



高杉「うん」



『やった!!なら、行ってきまーす!!嘘、ついたら許さないからね!?』



高杉「わかったわかった、はやく行く笑」



『はーい』









なぜ、呼び出されたかはわかんないけど、大阪行けるんならいいや!!





待っててね!!おおさかぁぁぁー!!