無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

雑誌
あなたSide



私はいったい何をさせられていたのでしょうか???



壁ドンされたり床ドンされたり
ベットにいかされ、イチャイチャしれと言われたり、思い出すだけで、震えが…←



『あのカメラマンマジくそ』←



勇太「そんなこと言わないの笑」



『ってか、考えたやつ誰だよ!』



岸「マネージャーって言ってたような…?」



廉「それ、言っちゃだめなやつ笑」



岸「あっ…」



『あのクソがっ』



海斗「まぁまぁ、無事??終わったし、どっか行こうよ」



紫耀「俺、仕事ー」



海斗「あっ…仕事あった、忘れてた」



勇太「仕事、ない人で行ったら??」



玄樹「その方がいいと思う!!」



『じゃー、仕事ない人ー??』



結局、なかったのは自分と廉だけ



『廉かよー』



廉「俺は、嬉しいけどな??」



『まぁ、いいや、よしっ、ゴディバ行こ、ゴディバ』



廉「はい????」



『えっ??私を慰めてくれる会じゃなかったの???』←



廉「そんなことi…『ねぇー?海ちゃん??』」



海斗「うん!!そうだよ!!笑」



『ほらぁー?ねっ!!だぁーかーら!!』



廉「わかりました…」



『やったぁー!!よしっ、そうと決まればはやく行こー』



廉にゴディバのチョコお高いやつ買ってもらいました。もう、廉だいすき♡♡←キモいBy廉



マネに会ったら、一発殴って来ます♡♡←