無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ゲーム
あなたSide



『んー、北海道!!』



海人「青森県!!」



どうも〜、あなたですッ☆



都道府県どれだけ言えるか頑張ってます!



『えっとー、茨城県?』



海人「静岡県!!」



『もう、わかんなーい!!』



廉「バカがばれるな笑」



『うっさい!!』



海人「つぎ、あなただよー」



『えー??んー??………あっ!!名古屋、県??』←



紫耀「名古屋は市でーす笑」



『えっ?!?!』




海人「さすがに、それは間違えないって笑」



勇太「高校生にもなって県がわかんないの?笑」



廉「バカだぁー!!」



『はっ?えっ?!名古屋はずっと県だと思ってた』



玄樹「さすがに、わかるでしょ笑」



『じゃ、名古屋ってどこなの?!』



岸「愛知県!!」



『初めて知ったー!!』



勇太「小学生ぐらいで習ってない??笑」



『小学生の記憶なんかありませーん!』



岸「まっ、間違えることもあるさ!!」



『岸くんが、なんかキラキラして見える』



岸「えっ?」



『なんか…うん、初めて頼りになるって思った笑』



岸「えっ…、うん、ありがと…」



廉「はいはーい、あなたさん、小学生からやり直そっか!」



『廉!!』



廉「ん?」



『表でるか??』



廉「やんのか?」



『かかってこいよ!』



海人「はいはーい、すとっーぷ!!笑」



『海ちゃぁぁぁーん!!勉強教えて?』



海人「えっ?廉とかのほうが」



『もう、あの人には教えてもらわない、バカにされるし』



海人「あっ、うん笑」



結局、海ちゃんじゃなくて、廉に教えてもらいました♡←



あっ、許してないよもちろん、だから、休みの日は、焼肉に行くっていう条件付きで許しました♡←