無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

カウコン終了後
西川Side


『みなさーん、おつかれ』




海人「あなたー!!!」




『海ちゃーん!!』



ギュッ




『んふふ笑幸せ♡♡』




紫耀「濡れおかきどこ??」




『はい、あげる、ニコッ』




紫耀「あっ、ありがと…」




廉「無駄に機嫌よくない?」←小声




紫耀「うん、思った」←小声




『そこの2人、なんか言った??』




廉・紫耀「何でもありません」




勇太「地獄耳…」←




『じんぐーじ???』




勇太「すいませんっ笑」




玄樹「何かあったの?」




『何もないよ??』




岸「機嫌よすぎない?」




『気づいちゃった??』




岸「気づいちゃった」




『だってさー、年越しをおおにっちゃんと過ごせて、ビジュのいい山田くん見れて、こんな幸せなことがあるでしょうか!?私は、もう死んでもいいです!!!』←




玄樹「死ぬのはダメ!!!」




『そんなかんたんに死なないから安心しな笑』




ギュー




『うっ゛、苦しい…』




玄樹「あなたが変なこと言うから…」




『もう、わかったから離して…』




玄樹「やだ」




『だれか、助けってて、えっ、なんか、キモい奴らがいるんすけど笑』




玄樹「どうしたの?」






















そこには、ニヤニヤしすぎてる、玄樹以外のメンバーが…























『そんなに、キモい顔してどうしたの?』←




廉「あなた〜、好きや!!!!」




『ぐはっ』←抱きつかれた




紫耀「廉!!先がけはだめだろ!!」




『ぐはっ』←抱きつかれた




海人「あー、俺もー!!!」




『うえっ゛』←抱きつかれた




勇太「あなた〜!!!」




『うえっ゛』←抱きつかれた




岸「俺も、抱きつきたいのにもうない」
















ただいま、西川、男5人に抱きつかれてます














『ねぇ、逆に死ぬ…』




岸「はいはい、離そーね」




海人「はーい」




『岸くん、ありがと』




岸「いえいえ笑じゃっ、俺のばーん!!」




『うわっ!ちょっ、岸!!』




岸「離さないからねー」




『やだ、離して、たとえ、岸くんでもやだ』←




岸「えっ…?」




『うそだけどうそじゃない笑』




勇太「いや、どっち笑」




『で、抱きついた理由は??』




廉「そりゃ、もちろん、この事」




『キンプリ、かっこいいーってあなたが言ってた…くそっ、大西が』←




玄樹「えっ、なにそれ?!もう、あなた好き!」




『ぐはっ』←抱きつかれた




廉「もう一回やー!!」




『ギャー!!!』



















結果、新年早々、男どもに抱きつかれました。




かっこいいとか、思ってないし、本心じゃないからね?!?!←