無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,801
2021/12/20

第4話

僕のものになってよ🐥
(なまえ)
あなた
フラれた…
ジミン
ジミン
え?
(なまえ)
あなた
フラれたんだけど、、彼氏に。。
ジミン
ジミン
本当に?





バンタンのマネージャーをしている私




1人ダンスの自主練をしていたジミナを送迎する為に

事務所の練習室に彼を迎えに来ていた




練習室に入ってすぐ

ポツンとその場に突っ立って

早々に切り出した私の失恋話



仲が良かったジミナには彼氏と付き合う前から

ずっと相談に乗ってもらってたから

この話をしないわけにはいかなかった







ジミン
ジミン
ついこの間
付き合ったばっかりじゃん
(なまえ)
あなた
そうだけど…
(なまえ)
あなた
フラれちゃった…



トボトボとジミナの元に足を運んで

タオルとドリンクを手渡した





ジミン
ジミン
もったいないことするなぁ、、
ジミン
ジミン
あなたをフルなんて…



タオルで汗を拭きながら

小声で呟きながら笑ったジミナ





(なまえ)
あなた
もったいないって?
ジミン
ジミン
わかんないの?
(なまえ)
あなた
わかんないよ
ジミン
ジミン
わかんないなら
別にいいけどさㅎ




呆れたように笑って

冷えたペットボトルのドリンクを

喉に流し込んでいる





ジミン
ジミン
なんでフラれたのか聞いたの?
(なまえ)
あなた
うん…
ジミン
ジミン
なんだって?
(なまえ)
あなた
それが…、、
その……、、、
(なまえ)
あなた
私には色気がないって…
(なまえ)
あなた
キスも下手くそだし
全然ドキドキしないって言われちゃって、、
(なまえ)
あなた
はは…
(なまえ)
あなた
女失格だよね…
私…
ジミン
ジミン
…あいつが
あなたにそんなこと言ったの?
(なまえ)
あなた
…うん




かわいいって思ってもらえるように

いっぱいいっぱい頑張ったんだけどな…



そう思うと

さらに気持ちが落ち込んで

視線が床に落ちてしまう







ジミン
ジミン
あなたは
何も落ち込むことないよ




沈む私を励まそうとしてくれてるのか

優しい声でそう言ってくれる








ジミン
ジミン
あいつが何もわかってないだけ
ジミン
ジミン
あなたは可愛いよ
(なまえ)
あなた
ありがとう…ジミナ…
ジミン
ジミン
それにキスが下手なんてさ
ジミン
ジミン
それはあいつの力量不足なだけでしょ
ジミン
ジミン
あなたのせいにしないでほしいよね
(なまえ)
あなた
そ、そんなことないよジミナ
(なまえ)
あなた
彼氏は上手?だったと思うし
私がそれに
うまく応えられなかったっていうか
(なまえ)
あなた
私が、、お子ちゃまだっただけなの…
ジミン
ジミン
…庇ってんの?
(なまえ)
あなた
…フラれたけど、、
やっぱまだ好きだからさ…
ジミン
ジミン
はぁ…



溜め息をひとつついたジミナ


(なまえ)
あなた
ジミナ…っ…




名前を呼んだタイミングで

ジミナに腕を引かれ

そのまま壁に押し付けられた



鼻がつきそうな距離に

ジミナが顔を寄せ

私をその色香の漂う瞳で見つめてくる








ジミン
ジミン
教えてあげるよ
ジミン
ジミン
本当のキスが
どれだけトロけるか
ジミン
ジミン
今からあなたに教えてあげる…
.










ジミン
ジミン
だからさ
あんな男忘れて
ジミン
ジミン
僕のものになって?




.





“僕ならきみを一生大切にするのに”








ジミン【僕のものになってよ】

















リクエスト作品でした🤍

🐻🐯