無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,588
2021/12/07

第3話

帰路、春時雨2🐱(悲恋)
ユンギ
ユンギ
…………
(なまえ)
あなた
……………




本当はもっとたくさん

頭の中に彼女との思い出が溢れていたけど

想いを堰き止めるように口をつぐ




ユンギ
ユンギ
もう
あれから2年も経つのか…
(なまえ)
あなた
そうだね…
ユンギ
ユンギ
…………
ユンギ
ユンギ
あなた
お前、今幸せ…?
(なまえ)
あなた
………うん
ユンギ
ユンギ
良かった
(なまえ)
あなた
…………
(なまえ)
あなた
ユンギ
ユンギ
ユンギ
ん?
(なまえ)
あなた
私、
ユンギと一緒にいれて幸せだった
ユンギ
ユンギ
…………
(なまえ)
あなた
ユンギと一緒に過ごした6年間
すごく幸せだったよ
ユンギ
ユンギ
……………
ユンギ
ユンギ
………俺も
ユンギ
ユンギ
幸せだった



そう

幸せだった


あなたが世界で一番大切だった




今でもずっと覚えてる


彼女の笑った顔も

あの柔らかな香りも

抱きしめた時の感触も

彼女の温もりも



なにもかも







ユンギ
ユンギ
あなた
ユンギ
ユンギ
ごめんな
いっぱい1人にして
(なまえ)
あなた
ううん…
ユンギ
ユンギ
幸せになって
(なまえ)
あなた
うん…っ



必死に泣くのを堪えるような声


抱きしめてやりたい


けれど

彼女にそれをやってやれるのはもう俺じゃない



ユンギ
ユンギ
大切にしてもらえよ
(なまえ)
あなた
…うん…っ
ユンギ
ユンギ
さ、もう寝ろ
夜遅いぞ




さ、もう寝ろ

夜遅いぞ




何回言ったかな

この言葉




彼女と付き合っていた時のように

最後にそう言って電話を切った









4月の長雨





もう会うことはない

あの太陽みたいな笑顔を思い出した




雨は

まだ止まない











ユンギ【帰路、春時雨】