無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第101話

❄️
〜BTS〜
ホソク
ホソク
後ろに誰かいる、
ユンギ
ユンギ
多いよなこれ
グク
グク
あなた涙目だ
ナムジュン
ナムジュン
怖いんだよね
ジン
ジン
僕もあったよ!
ジミン
ジミン
みんなあったと思いますよ
ジン
ジン
え?!そうなの?
テヒョン
テヒョン
あったねー
ホソク
ホソク
何気に怖いんだよねこれ
ユンギ
ユンギ
そうだな、
グク
グク
ヒョン絶対怖がってない
ユンギ
ユンギ
怖いか?
マンネライン
マンネライン
怖いよー
ユンギ
ユンギ
ふ、子供だな
マンネライン
マンネライン
カチン💢
テヒョン
テヒョン
子供じゃない!
ジミン
ジミン
そうだよ!本当に怖いんだよ!
グク
グク
鳥肌立つんですー
ヒョンライン
ヒョンライン
www
ナムジュン
ナムジュン
あ、あなた後ろむいた
ジン
ジン
やー、勇気あるな
ユンギ
ユンギ
向かないと怖いままだからじゃね?
ホソク
ホソク
多分そうですよね
テヒョン
テヒョン
てか、アンチ無いのはすごい
ジミン
ジミン
僕とか多いのに…
テヒョン
テヒョン
やー!そんな事ないよ!
テヒョン
テヒョン
ジミナ元気出して!
ジミン
ジミン
グク
グク
ヒョンアンチ多いんですか?
ナムジュン
ナムジュン
僕も多いよ?
ジン
ジン
ヤーーー!!
ユンギナムジュンホソク
ユンギナムジュンホソク
ビクッ
マンネライン
マンネライン
ビクッ
ジン
ジン
テンション低いわーー!