無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

❄️
ジミンside
早く目が覚めた


昨日のことがあったからイライラしてんだろうな


あなたは帰ってきてないし



まさかずっと練習? 



流石にないか















行くか




スタジオに着いた時

足音がした




ジミン
ジミン
え、マジかよ
そこにはカッコよく踊るあなたがいた





正直見惚れてた
(なまえ)
あなた
大好きオッパだもん
絶対迷惑なんてかけれない




そんなこと思ってたんだ



人を切った人がそんなこと思うか?




だからつい声をかけてしまった
ジミン
ジミン
おい





無視?


今まで無かったのに



なんかモヤってする
ジミン
ジミン
おいって
もう一回声をかけた時



あいつがビクッってなってた



それでも無視をしてくる







怖いのか…
ジミン
ジミン
はぁ〜…おいって!
(なまえ)
あなた
は、、、い
後ろを向いてくれた













でも、目は合わせてくれない
ジミン
ジミン
いつから
(なまえ)
あなた
ジミン
ジミン
いつから練習してんの
(なまえ)
あなた
…昨日から、、です
え、












周りを見ると確かに昨日のまま






いつもならカーテンが閉まってるのに



今日は空いている














休んでないのかな
ジミン
ジミン
…俺も練習するからどいて
(なまえ)
あなた
はい
なんで突き放す言い方してんだろ























はぁ、








本当にあなたがやったのかな



聞いてみよ、
ジミン
ジミン
本当n
バタン
ジミン
ジミン
え?