無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

❄️
あれから二ヶ月










オッパ達には嫌がらせを受けるようになった










ウヌンオンニには電話番号を流失された











それでも











ジミンオッパとテヒョンオッパは












味方でいてくれた











何より心強かった













今日はLIVE











army達にバレないように
(なまえ)
あなた
フゥ、
テヒョン
テヒョン
あなた頑張ろ、
(なまえ)
あなた
テヒョンオッパもね、
(なまえ)
あなた
ウヌン
ウヌン
あ、あなたちょっといい?
ジミン
ジミン
ねえ、あなたに近づかないで
ウヌン
ウヌン
ちょっとくらいいいじゃんwww
(なまえ)
あなた
分かりました、、、
テヒョン
テヒョン
ちょあなた、、、
(なまえ)
あなた
大丈夫…何があっても
オッパ達は信じてくれる?
ジミン
ジミン
当たり前じゃん
テヒョン
テヒョン
もちろん信じるから
ウヌン
ウヌン
早くしてよ
テヒョン
テヒョン
ジミン
ジミン
ウヌン
ウヌン
こっち来て
(なまえ)
あなた
はい