無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

❄️
(なまえ)
あなた
はぁ、はぁ…はぁ、はぁ、
とにかく走った












オッパ達に見つからないように











楽屋から一番遠い練習室
(なまえ)
あなた
マネオッパだけにカトク入れとこ
『3階の練習室にいます』
「帰りはどうする?」
『…オッパ達と帰りたくないから、後で帰る』
「わかった、あいつら送ったらまた来るな」
『はーい』
(なまえ)
あなた
はぁ、練習しよ
(なまえ)
あなた
音外してるなんて言わせない
(なまえ)
あなた
ダンス下手なんて言わせない
(なまえ)
あなた
オッパ達より上手くなって
(なまえ)
あなた
認めてもらう、

あれから何時間か練習した











その後












ケータイが鳴った












prrrrrrrr
(なまえ)
あなた
誰…
テヒョンオッパ
(なまえ)
あなた
出るべきが出ないべきか



でも出なかったら嫌われちゃう、、、
(なまえ)
あなた
はい