無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第115話

❄️
〜リビング〜


ダダダダダダ
ジン
ジン
ん?何の音?
ナムジュン
ナムジュン
階段、ですかね?
ホソク
ホソク
行ってみます?
ユンギ
ユンギ
ガチャ
ジン
ジン
あなた〜階段走ったら危ないよ!
(なまえ)
あなた
ッ…
ナムジュン
ナムジュン
どうか、した?
ホソク
ホソク
なーに泣いてんの
私の前に出て足止めされた


ホソクオッパは私の顔を覗き込み微笑んだ



でも…
(なまえ)
あなた
ごめんなさい…
ユンギ
ユンギ
何が?
ダダッ
ナムジュン
ナムジュン
あ、あなた!
ガチャ




バタン












(なまえ)
あなた
ハァハァ…ハァハァ…
私は宿舎を飛び出し












雨の中ひたすら走った






















(なまえ)
あなた
ハァハァ…
どれだけ走ったか分からない




でも、


















迷惑かけてることだけは分かった
(なまえ)
あなた
ザーザー





雨は一向に止む気配もなく


強くなるばかり
(なまえ)
あなた
あーあ…何やってんだろ私…
(なまえ)
あなた
反日…治せばいいだけなのに
(なまえ)
あなた
何でオッパ達に当たってんだろ…
prrrrrrrrrrrrrrr


電話がかかって来た


『ジミンオッパ』
(なまえ)
あなた
ッ…
出たく無い、


今電話に出たらオッパに当たってしまいそう
(なまえ)
あなた
怖い…ッ
















あれから何時間たっただろうか





雨も止みスマホは20時を示していた
通知も何十件も来て

電話も全員からかかって来ている
(なまえ)
あなた
はぁ…
(なまえ)
あなた
流石に戻んないとまずいかな…
帰らなきゃ…




そう思っていても身体が動かなかった




(なまえ)
あなた
精神的に帰りたく無いのかな…w
prrrrrrrrrrrrrrr
『ジンオッパ』
(なまえ)
あなた
はぁ…
(なまえ)
あなた
📞ヨボセヨ、
ジン
ジン
📞あなた?!
テヒョン
テヒョン
え、あなた?
ジミン
ジミン
ヒョン!あなた何ですか?!
ジン
ジン
そうだよ!ちょっと待って!
ジン
ジン
📞あなた何してるの?!今どこ?!
(なまえ)
あなた
📞ごめんなさい…もう帰ります
ジン
ジン
📞迎え行くよ?
(なまえ)
あなた
📞…迷惑かけるから大丈夫…です
(なまえ)
あなた
📞では…
ジン
ジン
📞え、ちょ、まっ((ブチッ
(なまえ)
あなた
あー…もうほんと何やってんだろ