無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#2
私は見た事もない場所にいた。
暗くて臭い。
シルク
なんだよここ…
あかり
どこ…ここ
マサイ
見たことねえな…
モトキ
みんないるか?
あなた

いるよ

シルク
おれもいる
ンダホ
俺もいるよ
ダーマ
おれ
マサイ
まさいいる
あかり
あたしもいる
あなた

みんないるね。にしても、なんでここにいるの、

モトキ
わかんない、俺ら撮影現場行く時バス乗って…
モトキ
バス乗って俺ら何したっけ、
ダーマ
多分その記憶がねえからバスで何が起こったんだろうな…
???
睡眠ガス
あかり
だれ?
???
…ごめんなさい、私もバスの乗客の1人
りりって言うの
ンダホ
お、おけ、りりちゃんね。
記憶あるの?
りり
ないわ、でも1番後ろだったからガスが来るのが遅かったの。だから前の人がバタバタ意識なくなっていく光景だけは見えた。
シルク
でもなんでここに……
りり
さっきこの紙を見つけたの。
恐らく片割れのようね。もう1切れあるはず。
ダーマ
待って、これじゃねえか?
りり
……嘘でしょ…
マサイ
なんだ
あなた

どうしたの

りり
みんな…助けて……
……まさか