無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

#3
マサイ
どうした?
その紙に書かれていた文


































"これを最初に読んだ奴を殺す"

GAME OVER
モトキ
これを最初に……?
ヴィィィィィン
りり
嫌だ嫌だあぁぁぁぁ!!!
あかり
りり!?
シルク
おい!りり!!
りりはチェーンソーで見事に頭を飛ばされ、これでもかと言うくらいに粉々にされ、内臓をえぐり取られていた。
あなた

いやだ…………いやだ…死にたくない。

ダーマ
大丈夫だ、落ち着け。
ンダホ
そうだよ、落ち着いて。多分何かがあるんだ。誰かがこのゲームを始めてるんだよ。
モトキ
……シルク
シルク
なに
モトキ
あれ…
シルク
……出口だ、
あなた

まさか行くとか言わないよね?

モトキ
でも行かなきゃでれない
あなた

行っても出れない

あなた

天井の端をみて

あなた

回転刃物がついてる

あなた

あそこに行ったら確実に……

シルク
……
モトキ
死ぬな。他の手口を探そう
マサイ
なんで俺らなんだよ。
ンダホ
俺らなんもしてないよ……望みはなんだよ!
あかり
何かしら原因があってここに連れられてるのよ。何かしらあるはず。
ダーマ
原因……俺らが何したって……
あなた

わからないよ、ここは地下6回にある室内よ。ドアがふたつある、何かをすればどっちかのドアが開く。

マサイ
お前、なんでそんな詳しいんだよ。
シルク
まさか闇組織じゃねえだろうな、
モトキ
教えろ。
あなた

私がこの手口のゲームに参加させられたのは2回目。1回目は良く一緒にいた女友達と私の2人。私はチェーンソー、友人は大きな斧を持ってた。お互い部屋の半分からは入ってはいけない。簡単に言うと陣地だね。私は彼女に生きてかえってほしくて「私を殺して」と言ってチェーンソーを渡したの。でもその瞬間床が抜けた。私はそのまま大きなマットへ落ちたの。でも彼女の方には床下にタービンがあった。彼女はそこに落ちて巻き込まれて死んだ。

あなた

原因がある人と仲良くするとこういうゲームに関係ない人まで参加させられる。私の友人もそうだった。男遊びがなんと言ってもひどい、男をおもちゃのように扱って飽きたら投げ捨てる。ほんと最低な奴だった。けど…好きだった。私をいじめから救ってくれたのは彼女。生きたいって思わせてくれたのも…

あかり
……
ンダホ
男遊びひどくても、友達のこと思えるならいい友達を持てたね。
モトキ
そうだな、男だって女遊びひどいやつはひどいしな
シルク
まあ、落ち込むなって…無理か……
マサイ
それっていつの話?
あなた

半年前だったかな。

ダーマ
原因がある人と仲良くしてる俺らが巻き込まれたってこと?そしたら原因がある奴って誰だよ
あなた

次、死ぬ人は……