無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

任務③🐯🐿
-テヒョンside-









俺の運転する車にツウィを乗せ銀行へと急いだ。









テヒョン
テヒョン
よし、ここか。
ツウィ
ツウィ
うわぁー…大きい…
テヒョン
テヒョン
この銀行自体結構な大企業だからな。












念の為俺たちは申し訳程度の変装をした。

















よし…









テヒョン
テヒョン
わかってるな?一般人が大勢いる。
テヒョン
テヒョン
気づかれないように処理するんだ。
ツウィ
ツウィ
もちろんです。
テヒョン
テヒョン
じゃあ行くぞ。