無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

任務⑥🐰🐹
スタッ















サナ
サナ
ちょっ、びっくりしたあああ。
サナ
サナ
飛び降りる時は言ってよ!!!!!
グク
グク
ははっ。
サナ
サナ
ちょっと笑い事じゃないってー!










無事着地できた僕達はデパートの外で辺りを見回す。









グク
グク
怪しいやつ、いませんね
サナ
サナ
あーあ。ごめん。私のせいで社長に怒られちゃう。
グク
グク
大丈夫ですよ。一緒に謝りましょう😊
グク
グク
しばらく文句は言わせませんけどね☺️
サナ
サナ
ぐっ。
グク
グク
さぁ戻りましょう!!





そう言ってすっと手を差し出す。









サナ
サナ
……何この手
グク
グク
手ですよ!手!
サナ
サナ
ざんねーん!
私はそう簡単に手は繋がせないんですーー





そう言ってヌナは楽しそうに笑って車の方へと走っていった。