無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

任務②🐰🐹
サナ
サナ
んー!!やっと着いたー!!
グク
グク
寝すぎですよヌナ……
サナ
サナ
グクと違って朝早くから起きててんもーん。










爆弾処理に向かう車内で緊張感なく寝ていたヌナに呆れつつデパートを見上げる










サナ
サナ
思ってたよりデカイな。
グク
グク
これ、早く処理しないとまずそうですね。
サナ
サナ
どうする?どこ担当する?
グク
グク
そうですね、ヌナは1階から5階までお願いします。
僕はその上行くんで
サナ
サナ
わかった。何かあったら無線で連絡。
忘れないでね。
グク
グク
じゃあ、また!











そう行ってひとまず別れて行動することにした。









爆弾を隠すとしたらどこだ……?









客の数を見て、この大人数を一気に殺せる爆弾の場所はどこだ?











あれこれ考えながら最上階、10階へ向かった。