無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

任務⑤🐰🐹
グク
グク
ヌナーーー!!!!!!







クソっ。何階が爆発したんだ!










一心不乱にヌナの名前を呼びながら非常階段を降りる。









グク
グク
何階にいるんだよ……
ヌナーーー!!










その時、
サナ
サナ
グクーー!!ここーー!!










!?









グク
グク
ヌナ!










たどり着いたのは2階









グク
グク
ヌナ!
サナ
サナ
グク!
グク
グク
はぁ、良かった無事で










そう行ってヌナを抱きしめる。









サナ
サナ
ちょっ、こんなことしてる場合じゃ無いって!
グク
グク
はっ!そうだ!
サナ
サナ
1階だけ何個も爆弾があったみたいで、解除出来んくて……
サナ
サナ
非常階段も崩れちゃって降りれへんねん!
グク
グク
来てください!
サナ
サナ
えっ!?










そう言いヌナの手を引っ張って窓の方へと向かう。









サナ
サナ
きゃっ!





サナヌナをヒョイっと肩に担ぐ









グク
グク
しっかり捕まっててくださいね!
サナ
サナ
え、まさか、、、










タンッ










サナ
サナ
キャーーーーーーーー






ヌナを担いだまま2階から飛び降りた。