無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

中島裕翔 3
裕翔 ) ど ~ したの ??

○○ ) 玩具で遊ばないで… ぇ… っ …//

裕翔 ) え ~ ? ちゃんと頼んでくれないと分かんないな ~ ?

○○ ) 裕翔のが っ … ほ、しい … // ンゥァッ!! //

裕翔 ) よく出来ました ♡ (玩具を抜き裕翔のを入れる

○○ ) ハァッ … ンッ … //

裕翔 ) ンッ … 動くよ、 (ゆっくり動き出す

○○ ) アッ … ンァッ … //

裕翔 ) ンッ、 ンッ! (少しずつ速くし

○○ ) ハウッ … // そこ っ … らめぇっ …//

裕翔 ) ここ … ? ( そこをガツガツ攻める

○○ ) ンァッ … ァ … アッ … アッ … いくっ … //
(いく

裕翔 ) 気持ちよかったよ (ニヒッ

○○ ) … // もう、明日腰痛くかるかもじゃん…//

裕翔 ) ふはっ、 笑 これからあまり遅れないでね?心配だから 、 チュッ ( ニヒッ

○○ ) んっ …// 多分遅れない 、 笑

裕翔 ) こらっ 、 笑




なんだかんだイチャイチャした後の次の日は

お互い腰が痛くなっていました___ 笑

作者
作者
なんか、最後の終わり方テキトーで
すみません … 🙇‍♂️
お次のリクエスト受付しまーす ♪
『誰々の裏か甘か』などなど…
来なかったら掛け持ち作品更新多めになるかもです…🙄
よろしくお願いします!