無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第4話

新しいカップル?
とある公園にて
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




「あなた、キヨと付き合うことになったの?!」

あなた 「ちょっと、声大きい」

あなた
「付き合うって言っても前と変わらないけどねーwww 」

今話してるのは華
私と最俺の幼馴染
一時期フジに片想いしていた。


「いやーまさかあなたいやーまさかがキヨと
付き合うとはねー」

あなた
「でも、あのキヨだよ?今更きらめきもときめきもないよー」

あなた 「華はフジとはうまくいってるの?」

華 「もうフジのことは好きじゃないよー」

あなた 「だよねー」

華 「でも、キヨはやっと恋が実ったよねー」

あなた 「いつ?」


「あなた気づかなかったの?!キヨはずっとあなたのこと好きだったんだよ!」

あなた 「それマジでいってるの?!」

華 「そうだよー」

フジ 「もうそれくらいにしとけー」

あなた 「フジ?!」

フジ 「二人とも声でかすぎ」

こーすけ 「よかったなーキヨが来てなくて」

華 「珍しいペアですね」

こーすけ 「ただのパシリだよ」

フジ 「声でかすぎて丸聞こえ」

あなた 「今から動画撮るの?」

こーすけ 「もう撮り終わった」

フジ 「そうだ!今から最俺ハウス来る?」

華 「マジで!久しぶりに行きたい!」

あなた 「私も!初めて行くし!」

フジ 「それじゃ決定ね!」

こーすけ 「よーし!レッツゴー!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
次回、最俺ハウス編です!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

ゆーな
ゆーな
どうみんです。キヨが大大大好きです!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る