プリ小説
一覧へ

第1話

iti>>1
明らかに違う。





態度が違う。、




それが悔しくて。
未緒〜莉緒〜ご飯よ〜!
未緒
未緒
はーい!!!
待ってね!これだけやらせて!
莉緒
莉緒
私も!!
うーん、冷めちゃうから早くね!!
未緒
未緒
はーい!!



私と莉緒は折り紙をしていた。


未緒は器用で、綺麗にバラの花を折っていた。


私も負けてないと思ってたのに。



数分後
未緒
未緒
お母さん!見てみて〜!バラできた!
わー!綺麗ね〜!お母さん貰っちゃいたい!
未緒
未緒
いいよ〜?あげるよ!いらないもん。
わー!嬉しいわ!ありがとう!


満面の笑みでお母さんは未緒に渡す。


だから私も、頑張って作ったうさぎを見せてやろーと思った。
莉緒
莉緒
お母さん!私も作ったんだよ!
おー、上手ね!
未緒
未緒
綺麗に折れてるね!
さ!ご飯にしましょ!



……?
未緒のは貰って、私のはいらないのかな…?
未緒
未緒
わかった!わー!美味しそう!
莉緒
莉緒
だね!



まあ、たまたまでしょ、
お母さんに悪気はないでしょ!
未緒
未緒
んー!お母さんのご飯美味しい〜♡
本当?ありがとう!
莉緒
莉緒
ほんとだ〜!美味しい!
莉緒!いただきますは?
莉緒
莉緒
え?あ、いただきます!


え、未緒も言わなかったじゃん?…

なんで私だけ言われんの?
はーい。





なんか…ヤダ。



私の勝手な思い込みかもだけど…



未緒より嫌われてる気がする…。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ayaminana
ayaminana
あまり面白い様なものは書いていない自己満足者ですが読んでくれたら嬉しいです。 よろしくお願いします。