無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第13話

愛してる
私に言葉を与えてくれたのは、あなたでした。
過去に失ったものは、もう取り返せない。
だから、先生は未来へ目を向けた。
私との出会いは、先生を救った……
先生との出会いは、私を救った……

「木城……いや、このは。…愛してるよ。」

世界でたった一つの、幸せ。




ーーーーーーーーーーーーーーーー 完 ーーーーー
いぇーい、初めまして(?)三日月です!!
ずっと場面緘黙症の子の話書きたくて!書いてみたら!いつの間にか!先生とのラブコメに!なっちゃってました!!はい!!

とても申し訳ない…(´・ω・`)

完結しちゃった…どうしよ、、。
あっ、お気に入りとか、ホントありがとうございました!!