無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

私の居場所なんて
「おい木城、何か喋れよ。」
私に降りかかる、言葉。
たった何文字かの、言葉。
とある生徒が口にした『言葉』は、私の心を壊した。

私はどうせ誰とも話せない。
私はどうせ、高校でも友達なんて出来ない。

私の、居場所なんて…。


もう、学校なんて行かない。