無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13,You Side
最近、



転ぶことが増えてきた。



そして、



足の力が



無くなってきた……
佐野 (なまえ)
佐野 あなた
…なんで私だけ
永瀬 廉
永瀬 廉
あなた?
佐野 (なまえ)
佐野 あなた
へぇ?
永瀬 廉
永瀬 廉
どうした?なんかあった?
佐野 (なまえ)
佐野 あなた
何もないよ!
永瀬 廉
永瀬 廉
泣いてるから
佐野 (なまえ)
佐野 あなた
え?私泣いてる?

ーギュッ
永瀬 廉
永瀬 廉
なんかあったでしょ
佐野 (なまえ)
佐野 あなた
何もないよ
嘘。



廉、怖いよ。



いつ足が動かなくなるのか、



廉とこうして居られなくなっちゃう……
永瀬 廉
永瀬 廉
永瀬 廉
永瀬 廉
隠し事しないって約束したでしょ?
佐野 (なまえ)
佐野 あなた
うん
永瀬 廉
永瀬 廉
なら、話して
佐野 (なまえ)
佐野 あなた
私、病気かもしれない。
永瀬 廉
永瀬 廉
え?
佐野 (なまえ)
佐野 あなた
足に力がないの
永瀬 廉
永瀬 廉
それって……
佐野 (なまえ)
佐野 あなた
ん?なに?
永瀬 廉
永瀬 廉
いやなんでもない
永瀬 廉
永瀬 廉
大丈夫。
永瀬 廉
永瀬 廉
俺がずっとそばに居るから

ーギュッ
佐野 (なまえ)
佐野 あなた
大丈夫だよね!
佐野 (なまえ)
佐野 あなた
治るよね!
こんなことで



廉を不安にさせたくない。
永瀬 廉
永瀬 廉
大丈夫だから。
佐野 (なまえ)
佐野 あなた
廉、ありがとう