無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話

神宮寺寂雷 2話
なんと言えばいいのか分からなかった。
『そんな事言わないで。もしかしたら生きられるかもしれないでしょ。』
違う…。
そんな希望を与えたって…絶対とは言い切れないけど、いつか絶望する時が来る…。
あなた

…っ

なおも頭を巡らせる。
『ほらほら、卑屈にならないで。ポジティブにいこうよ!ねっ!』
駄目だ…。
余命数カ月の身になったことがないのに私に何が分かるんだろう。
もうすぐ死ぬなんて…。
私がもしそうなら落ち込んでしまう。
それをこんな年下の子が背負っているなんて…。
あなた

(どうしよ…)

そんな風にぐるぐると頭を巡らせていると、自分の無力さが身にしみて分かる。
『どーせ死ぬんだよ、俺』
そう俯瞰しきったような言葉に返すことができない。
心をケアしなければならない立場なのに、何もできない。
人を救おうと志してなった看護師。
あなた

(救えてないでしょ…目の前の子すら…)

はやと
えっ、おい
はやとくんがガバッと起き上がった。
はやと
何、泣いてんだよ…?