無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

山田二郎 4話
あなた

無かった…

全力ダッシュも虚しく、焼きそばパンを片手にとぼとぼと教室に帰る。
友人
あれ、あなた。なんとかクロワッサンは?
あなた

売り切れてたよ…

落胆したまま落ちるように座る。
4限目数学だったから途中で抜けてスタンバる作戦ができなかった…。
はぁ…と重いため息をついて焼きそばパンの袋を開ける。
もそもそ食べながら教室の前の方に集まっている男子たちをボーっと眺める。
二郎の友人
今日はまた豊作だなァ!
二郎の友人
うわ、これ名前書いてるぜ…ミワちゃんって1年のチョーかわいい子じゃんかよ!
二郎の友人
マジかよ…なんでこんな奴…
山田二郎
山田二郎
うっせぇなぁ。弁当やんねーぞ!
二郎の友人
我らが二郎様ぁ!
二郎の友人
ご容赦くださいーっ
そう言って二郎以外はひれ伏す。
面白いな、あの人達…。
二郎の友人
てかよぉ、二郎。
山田二郎
山田二郎
ァン?ぁんだよ?
二郎の友人
お前今日の威嚇?っていうの?めっちゃやばかったくね?
二郎の友人
おー!それ俺も思った!
二郎の友人
なんだよあれぇ俺たちのジロちゃんじゃねぇよぉおお
ヨヨヨヨヨ…と二郎に泣き付く。
山田二郎
山田二郎
ん?…ああ!あれな!
二郎の友人
あぁん?なんかあんのかよぉ
山田二郎
山田二郎
あれ、三郎に教えてもらったんだよ!
二郎の友人
さぶるぉおお?弟のか?
山田二郎
山田二郎
そうそう。ヒプノシスマイクほんとは発動しちゃ駄目なんだけど、威嚇だったらいい…?みたいな?
二郎の友人
あやふやだな…
山田二郎
山田二郎
なんか怖がらしとけって、このメモ貰ったぜ!
二郎の友人
メモぉ?見せてみろやぁ
二郎の友人
パターン1「俺のラップが最後に聞いた音になってもいいのか」
パターン2「一般人相手にぶっ放すと頭おかしくなって一生戻らないらしいんだけど」
パターン3「ひれ伏せ愚民共」
………なんだぁこれぇ!お前…そのまんま言っただけかよ!!!
そう言って皆はゲラゲラ笑い転げる。
あなた

フフ…

確かに、そのまま言った二郎のアホさもだけど。
パターン3のセンスでしょ。
あなた

弟くん天才じゃん

友人
え?なんの話?
スマホでさっきの画像を加工してた友人が聞き返す。
あなた

あ、や、こっちの話。

慌ててパサパサの焼きそばパンを押し込んだ。