無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第147話

観音坂独歩 9話
社員
え、ちょ、何
バタバタと暴れる女子社員を掴んだまま、私は大声でまくしたてた。
あなた

お前らがそうやって仕事押し付けっから

あなた

観音坂さん倒れてんだよ!

あなた

なぁにが『めんどくさいんですもん♡』だよ!?

あなた

お前らみたいなドグソの世話してる観音坂さんの方が

あなた

よぉっぽどめんどくせぇわ!

あなた

てか用事ってなんだよ!?言ってみろ!

社員
え、えっと…
あなた

特にねぇんだろ!?

社員
あ、ある!
社員
エステ行くもん!
あなた

エステなんか行かなくてもブスはブスだから

あなた

安心して残業しろ!

私は女子社員の胸ぐらを離す。
社員
きゃ!
あなた

何がきゃ!だ!ケツ毛燃えろブス!

そう言ってオフィス内を見渡しながら言う。
あなた

オイ!ここに書類とか置いたやつ今すぐ出てこい!

私が隣に座っていた社員の椅子をガンと蹴ると
数人がぞろぞろと立ち上がり、近くまで来た。
あなた

自分の分持って帰れ