無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

入間銃兎 5話
あなた

ガキってなんですか!

小走りで入間の後を追いながら言う。
入間銃兎
入間銃兎
おや、そのままの意味ですよ
入間は私の頭から足先までを眺めて、フフッと笑った。
入間銃兎
入間銃兎
色気なんてありませんしねぇ
あなた

…は?

イラッと来て言い返そうとするけど、
入間銃兎
入間銃兎
おっと
立ちくらみがして2、3歩よろめいたところを支えられる。
入間銃兎
入間銃兎
限界のようですね?
あなた

うる…さい…

入間の手を離れてきっと睨みつける。
グゥー……
盛大な音を立ててお腹が鳴る。
あなた

うっ…

恥ずかしさに顔をしかめると、入間に手を引かれてまた歩き出す。
入間銃兎
入間銃兎
もうすぐ着くから…少しだけ辛抱しろ
もうまともに考えられない頭で入間の横顔を見上げた。
あなた

……

歩きながら、入間の腕に私の腕を絡めてもたれた。
入間銃兎
入間銃兎
…歩きにくい
聞こえないふりをしてそのまま歩く。
入間も腕を振りほどこうとはしなかった。