無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

山田一郎 4話
ストーカー
ストーカー
前は失敗したんだ…あいつらのせいさ…
爪をかみながらボソボソとつぶやく。
その目はギラギラ光ってこっちを見ていた。
あなた

(…怖い…!)

ストーカー
ストーカー
今回こそ、僕らは永遠になるんだよ…!
あなた

(声が出ない…)

ストーカーが包丁を振りかぶる。
あなた

いやっ…!

目をぎゅっと瞑って腕で顔をかばった。
あなた

…?

暫くしても衝撃は来ない。
ストーカー
ストーカー
いってぇ!!
代わりに聞こえたのはストーカーの叫び声。
ストーカー
ストーカー
離せ!邪魔すんじゃねぇ!!!
恐る恐る目を開くと、ストーカーは誰かに押し倒されていた。
???
…ざけんなっ!
誰かがストーカーの頭をボカッと殴る。
ストーカーはなおも暴れる。
ストーカー
ストーカー
ああああああ!離せええ!
???
うるせぇ!
ガキンッと音がなった。
上に乗っかってる人が包丁を…刺した…?
ストーカー
ストーカー
ひっ…
違う、顔のすぐ横に包丁が転がっていた。
そのちょっと離れたところに包丁の切っ先が落ちていた。
あなた

(折れたんだ…衝撃で…)

ストーカーは静かになった。
???
はぁ…やっとかよ…
上に乗っている人物は私を見上げた。
山田一郎
山田一郎
大丈夫か?