無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

山田一郎 2話
どうしようどうしよう。
とりあえず早歩きしながら頭をフル回転させる。
あなた

…!!

足音が…近付いてきてる…。
心なしか荒い息も聞こえてくる。
あなた

(うそうそうそ…気持ち悪い…!)

思わず走り出す。
ザザザザッ
背後の足音も早まる。
あなた

(逃げなきゃ…!)

どれだけ腕を振っても足を上げても
あなた

(近づいてくる…!)

ハァハァと息を切らしながら走り続ける。
あなた

(運動しときゃよかった…!)

こんな時だけ私生活を後悔する。
あなた

…!!

後ろから抱きつかれた。
???
はぁ…ひさしぶり…